FOLLOW US

ローマ指揮官、連勝ストップは問題なし「常に勝てるわけではない」

ローマを率いるガルシア監督 [写真]=Getty Images

 セリエA第11節が3日に行われ、トリノとのアウェー戦に臨んだローマは1-1で引き分けた。リーグ戦連勝記録が10試合でストップしたローマのリュディ・ガルシア監督は、クラブ公式HPで試合を振り返っている。

 ガルシア監督は「1-1の状況でも、我々はゴールを奪う姿勢を持ち続けた。勝利のために戦う姿を見るのは好きなんだ。これはサッカーの戦いであり、常に勝てるわけではない。(アウェーでの勝ち点1は)我々にとって問題ない結果だ。私は全ての選手が見せたパフォーマンスに満足している」とコメント。勝ち越しゴールを狙いにいった選手たちの戦う姿勢を評価し、結果に納得している様子を見せた。

 今後に向けては「我々は今回の試合で獲得した勝ち点を最大限に生かしたい。すぐに次の試合で勝利するために準備を進める必要がある。(次節はローマを勝ち点3差で追う)ユヴェントスとナポリが直接対決となる。我々はサッスオーロ戦で良い結果を手にしたい」とコメント。ガルシア監督は次節の勝利がチームにとって重要になるとの見解を示していた。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO