2013.10.01

インテル、今週中にもインドネシア人実業家へ株式売却の可能性

モラッティ
インテルの株式売却についてコメントしたモラッティ会長 [写真]=Getty Images

 日本代表DF長友佑都が所属するインテルのマッシモ・モラッティ会長が、9月30日に行われたクラブ理事会終了後に、記者団の質問に応え、クラブ株式売却について語った。クラブ公式HPが伝えている。

 インドネシア人実業家であるエリック・トヒル氏への株式売却交渉を進めているモラッティ会長は、「(交渉は)簡単だと思われているようだが、決してそうではない。とにかく、決着が遠くないものだとしても、今発表することはできない。いずれにしろ、クラブ経営が大きく変わらないだろうということもある。革命はない」とコメントし、売却交渉が進んでいることを示唆した。

 また、今週中にもサインをかわすか問われると、「その可能性はある。しかし小さな要素が多数あり、それ次第だ」と答え、モラッティ氏が会長職を続ける可能性については、「様子を見よう」と回答するにとどまった。

 トヒル氏が加わることでのクラブへの影響については、「更なる飛躍をすることが願いだ。そのためにこのオペレーションを進めている」と、復権への足掛かりにしたいと語っている。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
16pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
12pt
ヘルタ・ベルリン
10pt
ドルトムント
8pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
13pt
レアル・マドリード
13pt
アラベス
10pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
15pt
ナポリ
12pt
フィオレンティーナ
10pt
欧州順位をもっと見る