2013.09.27

伊紙、フル出場の長友佑都に「スクーターのような脚力見られず」

長友佑都
フィオレンティーナ戦にフル出場した長友 [写真]=Getty Images

 セリエA第5節が26日に行われ、日本代表DF長友佑都の所属するインテルがホームでフィオレンティーナと対戦し、2-1で勝利。インテルはリーグ戦4勝1分と無敗を維持している。

 試合を受けて、イタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』は、出場各選手のプレーを採点。フル出場した長友には、及第点の「6」が与えられた。

 また、同紙では長友のプレーを解説。「ここ数試合見せていたようなスクーターのような脚力は見られなかった。散発的で、エンジンをふかし、燃料過多気味のような動きで、インテルにとっては試合前まで頼りとなっていたサイドからの攻撃が不足した。アルバロ・ペレイラの投入で右サイドにポジションを移してからは、良かった部分があり、過去に起こっていたような、守備面で混乱することはほとんどなかった」と、寸評している。

 なお、インテルではアルゼンチン代表MFエステバン・カンビアッソにチーム最高点である「7」が与えられ、コロンビア代表MFフレディ・グアリンと、ブラジル代表DFフアン・ジェズスにチーム最低点となる「5」が付けられた。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
76pt
マンチェスター・C
74pt
トッテナム
61pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
60pt
ドルトムント
60pt
ライプツィヒ
49pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
66pt
アトレティコ・マドリード
56pt
レアル・マドリード
54pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
75pt
ナポリ
60pt
インテル
53pt
欧州順位をもっと見る