FOLLOW US

開幕連勝同士のイタリアダービーはドロー…インテル長友はフル出場

フル出場したインテルの長友佑都(右) [写真]=Getty Images

 セリエA第3節が14日に行われ、日本代表DF長友佑都の所属するインテルとユヴェントスが対戦。長友は先発出場した。

 開幕連勝チーム同士の対戦となった“イタリア・ダービー”は、インテルのホームで開催。序盤から激しく攻守が入れ替わる展開ながら、互いにゴールは挙げられずに時間は経過した。

 スコアレスのまま迎えた後半も膠着状態が続いたが、73分にインテルが均衡を破った。リカルド・アルバレスがユヴェントス陣内でボールを奪うと、スルーパスを供給。ボールを受けたマウロ・イカルディが右足でシュートを蹴り込み、ホームで先手を奪った。

 ところが、先制点も束の間。直後の75分にユヴェントスがすぐさま同点に追いつく。左サイドからクワドウォ・アサモアーがクロスを入れると、ゴール前のアルトゥーロ・ビダルが左足を振り抜き、インテルゴールを揺らした。

 振り出しに戻った試合は、両チームともに勝ち越し点を奪いにいくが、スコアは動かず。1-1のままタイムアップを迎え、勝ち点1を分け合った。なお、長友はフル出場した。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA