2013.09.04

ザッケローニがW杯後のイタリア代表監督最有力に浮上か…伊紙報道

ザッケローニ
イタリア代表の監督候補に浮上したザッケローニ監督 [写真]=Getty Images

 イタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』は4日、一面で2014年ブラジル・ワールドカップ後のイタリア代表監督候補5名を挙げ、現在日本代表を率いるアルベルト・ザッケローニ監督が最有力と伝えた。

 イタリア代表は現在、チェーザレ・プランデッリ監督が率いているが、ブラジル大会後に退任することが濃厚と見られている。その後任として、同紙はザッケローニ監督、ミランのマッシミリアーノ・アッレグリ監督、前マンチェスター・C監督のロベルト・マンチーニ氏、ユヴェントスのアントニオ・コンテ監督、ゼニト・サンクトペテルブルクのルチアーノ・スパレッティ監督の名を挙げている。

 また、5人の候補のうち、ザッケローニ監督の就任確率が40%で最も高いと見ており、アッレグリ監督が30%、その他3名が10%だと報じている。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
60pt
マンチェスター・C
56pt
トッテナム
51pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
45pt
バイエルン
39pt
ボルシアMG
36pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
46pt
アトレティコ・マドリード
41pt
レアル・マドリード
36pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
56pt
ナポリ
47pt
インテル
40pt
欧州順位をもっと見る