FOLLOW US

ローマ、アルゼンチン代表MFラメラのトッテナム移籍合意を発表

トッテナムへの移籍が合意となったラメラ [写真]=Getty Images

 ローマは28日、アルゼンチン代表MFエリク・ラメラがトッテナムに加入することで合意に達したと発表した。移籍金3000万ユーロ(約39億円)プラス出来高ボーナスの500万ユーロ(約6億5000万円)がローマに支払われる。

 現在21歳のラメラは、2011年の夏にリーベル・プレートからローマに移籍。昨シーズンはリーグ戦33試合に出場し、チーム2位の15得点を記録するなど主力としてプレーした。

 ローマは同日、ラメラの後釜として期待されるセルビア代表MFアデム・リャイッチをフィオレンティーナから獲得したことを発表している。

 トッテナムは今夏、スペイン代表FWロベルト・ソルダード、ブラジル代表MFパウリーニョ、フランス代表MFエティエンヌ・カプエ、ベルギー代表MFナセル・シャドリを獲得する積極補強を展開。その一方で、ウェールズ代表MFギャレス・ベイルがレアル・マドリードへ移籍することが濃厚となっており、史上最高額の移籍金9900万ユーロ(約128億7000万円)が支払われる見込みと報じられている。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO