FOLLOW US

負傷乗り越えたG・ロッシが復活弾、フィオレンティーナが開幕白星

開幕戦でのゴールに歓喜するG・ロッシ [写真]=Getty Images

 セリエA第1節が26日に行われ、フィオレンティーナとカターニアが対戦した。

 昨シーズンを4位で終えたフィオレンティーナは開幕戦をホームで迎えると、14分に先制する。フアン・クアドラードが右サイド深くまで切り込むと、中央へのマイナスの折り返しを、ジュゼッペ・ロッシがワントラップしてからゴール左へ流し込んだ。G・ロッシは、ビジャレアル所属時代の2011年11月から、2度にわたる右ひざ前十字じん帯の負傷を経験し、長期離脱の中、フィオレンティーナへ移籍。昨シーズンのリーグ最終戦で復帰を果たし、今シーズンの開幕戦で復活をアピールするゴールとなった。

 先制したフィオレンティーナだったが、22分にカターニアのパブロ・バリエントスにネットを揺らされ、試合を振り出しに戻されてしまう。しかし28分に、クロスボールのこぼれ球を拾ったダビド・ピサーロが、DF2人をかわしてペナルティエリア内に侵入し、強烈なシュートをゴール右上へ突き刺して、フィオレンティーナが勝ち越しに成功する。

 その後はスコアが動かずに試合終了となり、2-1で勝利したフィオレンティーナが開幕白星スタートを飾っている。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA