2013.08.26

インテル指揮官、長友の決勝弾は「戦術が浸透しているということ」

マッツァーリ
マッツァーリ監督が長友のゴールについて語った [写真]=Getty Images

 セリエA第1節が25日に行われ、日本代表DF長友佑都の所属するインテルがジェノアと対戦。長友とアルゼンチン代表FWロドリゴ・パラシオのゴールで2-0と快勝した。

 試合後、インテルのヴァルテル・マッツァーリ監督が、長友のゴールを振り返った。クラブの公式HPがコメントを伝えている。

「先制点はサイドプレーヤーたちの手柄? 確かに、両側のサイドプレーヤーが良かった。あれはうれしかったよ。右のサイドプレーヤー(DFジョナタン)がファーポストにクロスを上げて、そこに左のサイドプレーヤー(長友)が飛び込んで決めた。私の戦術が浸透しているということだからね。しかも、アメリカ遠征によって練習日が犠牲になったことを考慮すれば、満足しているよ」

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
49pt
マンチェスター・U
38pt
チェルシー
35pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
38pt
シャルケ
29pt
ライプツィヒ
28pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
39pt
バレンシア
34pt
アトレティコ・マドリード
33pt
欧州順位をもっと見る
インテル
40pt
ナポリ
39pt
ユヴェントス
38pt
欧州順位をもっと見る