2013.08.25

インテルFWミリートが半年ぶりに実戦復帰「最悪の時期は過ぎた」

ミリート
18日の親善試合では同じく負傷中のサネッティ(中央)と試合観戦に訪れたミリート(左) [写真]=Getty Images

 サッカー日本代表DF長友佑都の所属するインテルのアルゼンチン代表FWディエゴ・ミリートが、24日に行われた下部組織のリーグ戦に45分間出場し、2月以来の公式戦復帰を果たした。クラブ公式HPが伝えている。

 ミリートは2月14日に行われたヨーロッパリーグのCFRクルージュ戦で、左ひざのじん帯を痛め、長期離脱を強いられた。約6カ月ぶりにピッチに立ったミリートは、「ピッチが恋しかった。本当に嬉しい」と復帰の喜びを語ると、「試合勘が戻っていないから、プリマヴェーラ(下部組織)の試合に出ることを決めた。最悪の時期は過ぎ去ったよ。数週間でコンディションもベストになると思う」と続け、トップチームへの早期復帰を誓った。

 下部組織の選手たちにも「今日出るのは僕が提案した。知っている選手もたくさんいるしね。居心地も良かったし、みんなの歓迎に感謝している」と、謝意を述べている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
52pt
マンチェスター・U
41pt
チェルシー
38pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
41pt
シャルケ
30pt
ドルトムント
28pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
42pt
アトレティコ・マドリード
36pt
バレンシア
34pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
42pt
ユヴェントス
41pt
インテル
40pt
欧州順位をもっと見る