2013.08.19

インテル長友、今季初出場は採点伸びず「苦戦を強いられた」

長友佑都
今シーズンの公式戦初出場を果たした長友 [写真]=Getty Images

 コッパ・イタリア3回戦が18日に行われ、日本代表DF長友佑都が所属するインテルは、セリエB(2部)のチッタデッラと対戦。今シーズン初の公式戦で4-0と快勝して、4回戦に進出した。

 イタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』では、出場各選手のプレーを採点。フル出場した長友には、「6」と及第点の評価を与えた。

 同紙は、長友のプレーを「上下動を仕掛け、正しい位置取りをみつけなければならない時にかなり手を焼いた」と解説。相手チームの最高評価に当たる「6.5」を受けた選手とのマッチアップに関しては、「特にディ・ロベルトには苦戦を強いられた」と、劣勢だったという見方を示した。

 なお、インテルで最高評価を受けた選手は、インテルのアルゼンチン代表FWロドリゴ・パラシオで「7.5」。一方で、アルジェリア代表FWイシャク・ベルフォディル、ウルグアイ代表MFアルバロ・ペレイラ、アルゼンチン人FWマウロ・イカルディの3選手が最低評価の「5.5」と採点された。

サイト人気記事ランキング

欧州リーグ順位表

リヴァプール
46pt
レスター
38pt
マンチェスター・C
32pt
欧州順位をもっと見る
ボルシアMG
31pt
ライプツィヒ
30pt
ドルトムント
26pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
レアル・マドリード
34pt
セビージャ
31pt
欧州順位をもっと見る
インテル
38pt
ユヴェントス
36pt
ラツィオ
33pt
欧州順位をもっと見る

欧州人気記事ランキング