FOLLOW US

長友フル出場のインテル、今季初陣で4発勝利/イタリア杯3回戦

先制点を挙げたジョナタン(右)を祝福する長友(左) [写真]=Getty Images

 コッパ・イタリア3回戦が18日に行われ、日本代表DF長友佑都が所属するインテルと、セリエB(2部)のチッタデッラが対戦した。長友は先発出場を果たした。

 今シーズン初の公式戦をホームで迎えたインテルは、18分に先制する。フレディ・グアリンが右サイドからクロスボールを上げると、ジョナタンが頭で合わせ、ゴールネットを揺らした。さらに30分には、ロドリゴ・パラシオが、ペナルティーエリア内でシモーネ・ペコリーニに倒され、PKを獲得。ペコリーニは一発退場となった。パラシオは自ら得たPKを沈め、インテルがリードを2点に広げた。前半は2-0で終了した。

 後半に入っても、インテルは攻撃の手を緩めない。59分には、グアリンからのスルーパスに反応したパラシオが右足で突き刺し、3点目。さらに63分、アンドレア・ラノッキアが4点目を決めた。

 4点のリードを奪ったインテルは、10人のチッタデッラを完封。4-0で快勝し、ヴァルテル・マッツァーリ新監督の初陣を白星で飾った。なお、長友はフル出場だった。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA