2013.08.12

レアルに完敗のインテル指揮官、決定機逸に「信じられない」

マッツァーリ
レアル戦を振り返ったインテルのマッツァーリ監督 [写真]=Getty Images

 プレシーズンマッチが10日に行われ、レアル・マドリードと日本代表DF長友佑都の所属するインテルが対戦。レアル・マドリードが3-0で勝利した。ベンチスタートの長友は74分から途中出場した。

 試合後、インテルのヴァルテル・マッツァーリ監督が敗戦を振り返った。クラブの公式HPがコメントを伝えている。

「悔いが残る。試合を見ていない人は、レアル・マドリードに圧倒されっぱなしだったのだろうと思うかもしれない。しかし、実際にはインテルは、大きなチャンスを6、7回作っている。ゴール前での冷静さが欠けていたが、私は試合に大変満足している。我々は積極的に好機を作った。多くのチャンスを作ったのに、1回たりとも、ボールがゴールに入ってくれなかった。信じられない」

「今日は、少なくとも2回のチャンスを決めていてもおかしくない試合だった。現時点で世界最強のチームの1つであるレアル・マドリードを相手に、2-3で負けたとしたら、それほど悪くない結果だった」

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
15pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
12pt
ヘルタ・ベルリン
10pt
ドルトムント
8pt
欧州順位をもっと見る
レアル・マドリード
13pt
バルセロナ
12pt
アラベス
10pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
フィオレンティーナ
10pt
サッスオーロ
10pt
欧州順位をもっと見る