FOLLOW US

本田のミラン移籍仲介人、交渉停滞理由は「CSKAが態度を豹変させた」

ミラン移籍交渉が難航している本田 [写真]=Getty Images

 CSKAモスクワに所属するサッカー日本代表MF本田圭佑のミラン移籍交渉を仲介しているエルネスト・ブロンゼッティ氏が、CSKA側が考えを変えたため、交渉が進まなくなったと非難した。イタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』などがコメントを伝えている。

 ブロンゼッティ氏は、移籍交渉が滞っている現状について、「CSKAが態度を豹変させた」コメント。本田の後釜と見られていたブルガリア代表MFゲオルギ・ミラノフが負傷離脱したため、CSKA側が考えを変えたと主張した。

 また、CSKAのエフゲニー・ギネル会長が、「ミラン側に無礼な振る舞いがあった」と発言したことについては、「(ミランのアドリアーノ)ガッリアーニ副会長が礼儀を欠いているというわけではなく、CSKAが考えを変えたためだ」と反論している。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA