FOLLOW US

ユーヴェにPK勝ちのインテル指揮官「かなりステップアップした」

インテルはライバルのユヴェントスを、PK戦の末に下している [写真]=Getty Images

「インターナショナルチャンピオンズカップ」の7位決定戦が行われ、ユヴェントスと日本代表DF長友佑都の所属するインテルが対戦。インテルが、1-1から突入したPK戦で9-8と上回った。

 PK戦後にインテルのヴァルテル・マッツァーリ監督が、試合を振り返った。クラブの公式HPがコメントを伝えている。

 マッツァーリ監督はチームの成長について問われると、「正直言って、かなりステップアップしたよ」とコメント。バレンシアに0-4の大敗を喫していたこと引き合いに、「バレンシア戦での敗北は決して気持ちいいことではなかったが、あのパフォーマンスにはそれなりの理由があった。すでに十分説明したが、あの大敗を喫することは役に立ったんだ」と語り、チーム力の向上に自信を示した。

「とにかく、スコアがなんであれ、全てがポジティブだよ。負けた時も、ある程度しかスコアに興味はなかった。重要なのは、チームがかなり吸収したこと。この時期は、地に足がついた状態でいることが大事なんだ。選手たちはミスを分析して、改善するためのヒントを得るようにしないといけない」

「今日は、私が望んでいるチームが見え始めるようになってきた。時間の問題だけだったんだ。選手たちがハードワークをこなしたことは、分かっていたからね。今は、みんながさらなる向上への意欲に燃えているよ」

 インテルは、25日に行われるセリエA開幕戦で、ホームにジェノアを迎える。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO