2013.08.05

インテルのマッツァーリ監督「競争力を取り戻すことを期待」

「ギネス・インターナショナル・チャンピオンシップ・カップ」が4日に行われ、バレンシアと日本代表DF長友佑都が所属するインテルが対戦。長友は先発出場し、76分に途中交代した。試合は4-0でバレンシアが勝利を収めた。

 試合後、インテルのヴァルテル・マッツァーリ監督が今後について語った。クラブの公式HPがコメントを伝えている。

「(6日には同大会のユヴェントス戦を控えるが)とにかく、ベストを尽くすようにしたい。今日のような敗戦も教訓になる。私は初日から、インテルが競争力を取り戻すことを期待している。毎試合、最大限に決意を固めて臨んで、とにかく全力を出すようにしないといけない。プレーのメカニズムは、機能するようになってきている。もちろん、新しい監督の下でゼロからスタートするのが簡単なことではないのは理解しているよ」

「今はとにかく、セリエA開幕に向けて準備を進めて、良いスタートを切ることが目標だ。ユヴェントスやナポリも(プレシーズンマッチで)負けているのは、イタリアサッカーに適したプレシーズントレーニングをやっているから。イタリアの監督は皆、リーグ戦に焦点を合わせているんだ。今のトレーニングの成果が出るのはもう少し先のことだよ」

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
16pt
マンチェスター・U
16pt
チェルシー
13pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
16pt
ホッフェンハイム
14pt
バイエルン
13pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
18pt
アトレティコ・マドリード
14pt
セビージャ
13pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
18pt
ユヴェントス
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る