2013.08.05

バレンシアに完敗のインテル指揮官「敗戦も計算のうち」

「ギネス・インターナショナル・チャンピオンシップ・カップ」が4日に行われ、バレンシアと日本代表DF長友佑都が所属するインテルが対戦。長友は先発出場し、76分に途中交代した。試合は4-0でバレンシアが勝利を収めた。

 試合後、インテルのヴァルテル・マッツァーリ監督が敗戦を振り返った。クラブの公式HPがコメントを伝えている。

「(プレシーズンマッチで敗戦を喫するイタリアのクラブが多いことについて)こういうやり方が根付いている。プレシーズンの親善試合で良い結果を出したいのなら、トレーニングを軽めにしておくしかない。イタリアのチームが揃って苦戦しているのは、まさにこれが理由だと思う。今日のバレンシアは明らかに新鮮なエネルギーを持っていた。彼らが最後に試合をしたのは7月27日で、我々は3日前だった」

「私が現時点で優先するのはトレーニングだから、前を向いて進むつもり。敗戦も計算のうちだ。もちろん、今日のようなスコアは不愉快だから、同じ敗戦を喫するにしても、もう少し失点を抑えるようにしたかった。もう少し、プライドを見せる必要がある」

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
16pt
マンチェスター・U
16pt
チェルシー
13pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
16pt
ホッフェンハイム
14pt
バイエルン
13pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
18pt
アトレティコ・マドリード
14pt
セビージャ
13pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
18pt
ユヴェントス
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る