FOLLOW US

チェルシーに敗れたインテル指揮官「あまり運に恵まれなかった」

「ギネス・インターナショナル・チャンピオンシップ・カップ」が1日に行われ、日本代表DF長友佑都が所属するインテルとチェルシーが対戦。2-0でチェルシーが快勝した。長友はフル出場を果たした。

 試合後、インテルのヴァルテル・マッツァーリ監督が敗戦を振り返った。クラブの公式HPがコメントを伝えている。

「私はプレーにアイデンティティを与えようとしている。先日のハンブルガーSV戦に比べて、今夜は我々がゲームをコントロールしていた。ただ、あまり運に恵まれなかった。もっとしっかりと、相手にカウンターのスペースを与えないようにするべきだった。とはいえ、相手の能力を考慮すれば、私は満足している。この時期の試合結果には何の意味もない。もちろん、負けるのは決して気持ちの良いものではないが、今の時期での敗戦はまだ、受け入れることができる」

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO

LIVE DATA