FOLLOW US

チェルシーがモウリーニョの古巣インテルに快勝…長友はフル出場

「ギネス・インターナショナル・チャンピオンシップ・カップ」が1日に行われ、日本代表DF長友佑都が所属するインテルとチェルシーが対戦。長友は先発出場を果たした。

 インテルは、長友の他に、エステバン・カンビアッソや新加入のマウロ・イカルディらが先発メンバーに名を連ねた。一方、古巣対決となったジョゼ・モウリーニョ監督率いるチェルシーは、フィテッセから移籍のマルコ・ファン・ヒンケルや、レンタル移籍から復帰したロメル・ルカクらが先発出場した。

 先制したのはチェルシー。14分、バイタルエリアやや左側でパスを受けたオスカルが、右足でカーブをかけたミドルシュートを決めた。さらに28分には、エデン・アザールがPKを落ち着いて沈め、追加点。チェルシーが2-0とリードして、前半を終了した。

 後半開始から、チェルシーは新加入のマーク・シュウォーツァーやフアン・マタを投入。さらにダヴィド・ルイスやデンバ・バ、フェルナンド・トーレスら、ベンチ入りメンバーを次々にピッチへ送り出す。一方のインテルも、イシャク・ベルフォディルらが途中出場した。後半は、両チームともゴールを奪うことができず、試合は2-0で終了。チェルシーがインテルに快勝した。なお、長友はフル出場を果たした。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO

LIVE DATA