FOLLOW US

インテルがハンブルガーSVとドロー…長友は右サイドで先発出場

 プレシーズンマッチが27日に行われ、ハンブルガーSVと日本代表DF長友佑都が所属するインテルが対戦した。

 インテルは、エステバン・カンビアッソや新加入のマウロ・イカルディらが先発出場。長友は、3-5-2システムの右MFで先発した。

 インテルは開始早々に先制点を奪う。2分、右サイドをドリブルで駆け上がったフレディ・グアリンが、絶妙のアーリークロスを供給。ペナルティーエリアに走り込んだイカルディが右足で合わせて、ゴールネットを揺らした。前半はインテルが1点をリードして終えた。

 後半に入ると、ハンブルガーSVが立ち上がりに同点ゴールを奪う。47分、右サイドからのクロスボールにアルチョムス・ルドニェフスが飛び込み、頭で合わせた。

 長友は右サイドを駆け上がり、何度かクロスボールを供給したが、ゴールに結びつけることはできず。80分に途中交代となった。試合は1-1の引き分けに終わった。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO