FOLLOW US

ミラン副会長、本田移籍に「CLまでに獲得できなければ、1月」

本田移籍に関して連日言及しているガッリアーニ副会長 [写真]=Getty Images

 ミランのアドリアーノ・ガッリアーニ副会長は25日、CSKAモスクワに所属するサッカー日本代表MF本田圭佑の移籍問題に言及した。副会長の声明をイタリアメディア『Tuttomercato.com』など各メディアが伝えている。

 ガッリアーニ副会長は、「チャンピオンズリーグのプレーオフまでに獲得できないのであれば、 本田の契約が切れる来年1月に獲得することになる。我々はCSKAにオファーを提示した。彼らが要求をほんの少し下げれば、我々は獲得できる。そうでなければ、今夏の獲得は難しい」と説明している。

 ミランの本田獲得交渉は長期化しており、一時は今夏の移籍に向け合意に近づく報道もあったが、CSKAが元ブラジル代表FWヴァグネル・ラヴが中国へ移籍し、ブルガリア代表MFゲオルギ・ミラノフの負傷などもあり、CSKA側が本田の今夏での移籍に難色を見せ、態度を硬化させていると見られている。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO