2013.07.22

インテルがサウサンプトンMFラミレスの獲得交渉か…代理人が示唆

ガストン・ラミレス
移籍の可能性が伝えられたガストン・ラミレス [写真]=Getty Images

 サッカー日本代表DF吉田麻也、FW李忠成の所属するサウサンプトンのウルグアイ代表MFガストン・ラミレスの獲得を、日本代表DF長友佑都の所属するインテルが検討しているとラミレスの代理人であるパブロ・ベタンコート氏が、イタリアメディア『Ilsussidiario.net』とのインタビューで明かした。

 ベタンコート氏は、「個人的なインテルとの接触はないが、クラブ間で話し合っている可能性はある。私は金があればどんなことでも起こり得ると思っている」と交渉の可能性があると認める一方、「サウサンプトンはラミレスのため、大きな努力をしたんだ。インテルが獲得を望むなら、巨額を用意しないとね。イタリアはラミレスのハートにあるが、何も具体的になっていないことについて、話そうとは思わない。オファーがあれば、我々は評価をする」と、資金面での合意が必要なことを強調した。

 22歳のラミレスは、2012年夏にボローニャからサウサンプトンに加入。昨シーズンは、リーグ戦26試合に出場して6得点を記録している。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
76pt
マンチェスター・C
74pt
トッテナム
61pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
60pt
ドルトムント
60pt
ライプツィヒ
49pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
66pt
アトレティコ・マドリード
56pt
レアル・マドリード
54pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
75pt
ナポリ
60pt
インテル
53pt
欧州順位をもっと見る