2013.07.22

ファンから批判続きのオスヴァルド、PK譲ったトッティに感謝

オスヴァルド
ブルサスポル戦に先発したオスヴァルド(左)とトッティ(右手前) [写真]=Getty Images

 ローマは21日、トルコのブルサスポルと親善試合を行い、1-1の引き分けに終わった。

 ローマは10分に失点したが、6分後にサッカー・イタリア代表FWパブロ・ダニエル・オスヴァルドのPKで同点とした。オスヴァルドは、2月のリーグ戦で元イタリア代表FWフランチェスコ・トッティからボールを奪い、PKを蹴ったものの失敗。サポーターから批判され、コッパ・イタリア決勝でラツィオに敗れた後のセレモニーを欠席するなど、トラブルが絶えず、夏のキャンプに入ってからもサポーターはオスヴァルドを攻撃し、「愚か者」などと罵っていた。

 ブルサスポル戦では、PKのキッカーを務めるトッティがボールを譲り、オスヴァルドが決めていた。オスヴァルドは試合後、自身のツイッターで「今日のゴールは重要なゴールではなかったが、自分にはあなたの行為がとても大きなものだった。ありがとう、友よ。ありがとう、偉大なキャプテン」とトッティへの感謝の気持ちをつづっている。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
76pt
マンチェスター・C
74pt
トッテナム
61pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
60pt
ドルトムント
60pt
ライプツィヒ
49pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
66pt
アトレティコ・マドリード
56pt
レアル・マドリード
54pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
75pt
ナポリ
60pt
インテル
53pt
欧州順位をもっと見る