FOLLOW US

ユーヴェ移籍のオグボンナ、トリノから加入に「裏切り者ではない」

 トリノからユヴェントスへ移籍したサッカーイタリア代表DFアンジェロ・オグボンナが16日に入団会見を行った。イタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』など各メディアが伝えている。

 ユヴェントス加入についてオグボンナは、「とても誇りに思っている。イタリアだけでなく世界で最大のクラブの1つであるチームが僕の獲得を望んでくれたんだ。成長するためのチャンスだね。この機会を手にできて満足している。僕のことを強く欲してくれたのはユヴェントスだけだったよ」と喜びを語った。

 同じトリノに居を構えるライバルチームへの移籍となったが、「僕は裏切り者ではない。何より僕はプロフェッショナルだ。心はサッカーとつながっているんだよ。そしてサッカーは世界のいろいろな所にある。誰もが最高のレベルでプレーしたいと野心を持つ権利はあるはずだ。ユーヴェは最高のクラブの1つだと思っている。トリノのチームメートともいい関係を保ったままだよ」とコメントし、「(トリノのウルバーノ・)カイロ会長や(ジャンピエロ・)ヴェントゥーラ監督とは、素晴らしい関係のままだ。交渉は冷静かつ紳士的に行われた」と続け、円満な移籍であったことを明かしている。

 現在25歳のオグボンナは、トリノの下部組織出身で、2007年にトップチームデビュー。2011年11月にA代表デビューも果たした。昨シーズンは負傷の影響などもあり、リーグ戦出場は22試合だった。なお、ユヴェントスでは背番号5を着用する。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA