FOLLOW US

ナイキがユヴェントスの新アウェイユニフォームを発表、トリノとのつながりを表現したイエロー×ブルーの一着

ユヴェントスの新アウェイユニフォームは1983-84シーズンのカップウィナーズカップ優勝時に着用していたデザインがモチーフとなっている

 ナイキがセリエA王者、ユヴェントスの2013-14シーズン 新アウェイユニフォームを発表した。イエローとブルーのユニフォームは地元トリノとのつながりを表現し、クラブの勝利に満ちた歴史にインスピレーションを受けたデザインとなっている。

 今回の新アウェイユニフォームのデザインに大きな影響を与えているのは、1983-84シーズンのカップウィナーズカップ優勝時に着用されていたユニフォーム。シャツはスタイリッシュなポロ仕立てで、現代的なフィットに仕上がっている。イエローの襟の端にはブラック、ホワイトのボーダー、首の内側にはクラブのバッヂと創設年の「1897」の数字が記されるなど、クラブの伝統を表現。シャツの両サイドの切れ目の内側にはブルーが配され、シャツと好対照をなしつつ、ショートのカラーともマッチしている。アウェイショートはブルーで左足の裾近くにイエローのスウッシュロゴが記され、イエローのソックスと一緒に着用される。

 ユニフォームを通じてスタイル、きめ細やかな製品作り、誇りを表現するというナイキの信念に基づいて作られた一着は、プレーヤーの活躍を支えるための技術的な特長も兼ね備えているという。

 なお、ユヴェントスのアウェイユニフォームは、7月12日より店頭にて順次販売中。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA