2013.07.12

マッツァーリ監督「魂とアイデンティティを持ったインテルを」

マッツァーリ
インテルのマッツァーリ監督が抱負を語った [写真]=Getty Images

 日本代表DF長友佑都が所属するインテルのヴァルテル・マッツァーリ監督が、記者会見に出席。新シーズンへの抱負を語った。クラブの公式HPがコメントを伝えている。

 マッツァーリ監督は、チームの状況について、「選手1人ずつと対話した。私にとって、直に選手を知ることは重要なんだ。最初の対話から感じ取れたのは、選手たちが期待をはるかに上回るような、大いなるやる気に満ちているということ。彼らは真面目なプロフェッショナルで、昨シーズンのリベンジを果たしたいという意欲で燃えている。サッカーではモチベーションが大事で、その部分を配慮していくことが必要。このチームは既に、モチベーションがものすごく高まっているようだ」とコメントした。

 さらにマッツァーリ監督は、「昨日、1人のファンから『スクデットを獲ってくれ』と言われたが、私は『ちょっと待って、まずは仕事を始めさせてほしい』と答えたんだ。私は真剣に(仕事に)取り組む、真面目な監督でありたい。いい加減な約束はしたくないんだよ。昨シーズンの戦力で、インテルは9位でシーズンを終えた。そのことを忘れてはいけない。私の仕事は、インテルの能力をフルに発揮させること。積極的に戦うことができて、魂とアイデンティティを持ったインテルを見たいんだ。絶対に諦めないことこそ、私に約束できることだ」と話した。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
49pt
マンチェスター・U
38pt
チェルシー
35pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
38pt
シャルケ
29pt
ライプツィヒ
28pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
39pt
バレンシア
34pt
アトレティコ・マドリード
33pt
欧州順位をもっと見る
インテル
40pt
ナポリ
39pt
ユヴェントス
38pt
欧州順位をもっと見る