2013.07.10

ミラン副会長、ロビーニョ退団なら「若手のセカンドトップが入る」

ガッリアーニ
ミランのガッリアーニ副会長が移籍市場に言及 [写真]=Getty Images

 ミランが8日、イタリア代表MFアンドレア・ポーリとU-21イタリア代表MFリッカルド・サポナーラの入団会見を開催。同席したアドリアーノ・ガッリアーニ副会長が今夏の移籍市場について言及した。クラブの公式HPがコメントを伝えている。

「ロビーニョ自身にはもちろんミラン残留の意思があるが、古巣のサントスに戻りたいという気持ちもあるようだ。サントスとの交渉は続いている。今のところは金銭面で折り合いがついていない。ただ、交渉は進行中で、7月15日には決定を下さなければならない。ロビーニョが退団すれば、若手のセカンドトップの選手が入ることになる」

「確定したような話はない。出ていく選手がいるかどうかに全てはかかっている。現時点ではDF9人、MF8人、FW5人、GK3人と、十分戦えるメンバーが揃っている。選手を獲得する前に、誰かを放出しなければならない」

「パリ・サンジェルマンが支払った移籍金がなければ、イタリアのサッカー界は厳しかっただろう。サッカー界のヒエラルキーは昔に比べてだいぶ変わってきている。資源を持つ者たちには、数億円を投資できるだけの資金力があるが、イタリアにはそんな人間はいないんだ」

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
16pt
マンチェスター・U
16pt
チェルシー
13pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
16pt
ホッフェンハイム
14pt
バイエルン
13pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
18pt
アトレティコ・マドリード
14pt
セビージャ
13pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
18pt
ユヴェントス
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る