2013.06.28

難病と戦っていた元イタリア代表ボルゴノーヴォが逝去

ボルゴノーヴォ
6月27日にこの世を去ったボルゴノーヴォ氏。写真は2010年に自伝発売した時のもの [写真]=Getty Images

 難病と戦っていた元イタリア代表FWステーファノ・ボルゴノーヴォが27日、この世を去った。49歳だった。

 現役時代にフィオレンティーナやミランでプレーしたボルゴノーヴォは、2008年に難病の難病ALS(筋萎縮性側索硬化症=ゲーリック病)に侵されていることを告白。イタリアのサッカー界に衝撃を与えた。

 フィオレンティーナ時代にチームメイトだったロベルト・バッジョらのサポートを得ながら、基金団体を設立して原因不明の病魔と戦っていたが、病を克服することはできなかった。

 イタリア・サッカー連盟(FIGC)はボルゴノーヴォの死を悼み、国際サッカー連盟(FIFA)にコンフェデレーションズカップ準決勝のスペイン戦で、イタリア代表が喪章をつけてプレーすることを要求。喪章は承認されたが、試合前の黙祷は受け入れられなかった。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
20pt
チェルシー
20pt
リヴァプール
20pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
17pt
ライプツィヒ
14pt
ボルシアMG
14pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
16pt
バルセロナ
15pt
アトレティコ・マドリード
15pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
24pt
ナポリ
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る