FOLLOW US

U-21イタリア代表のFWインシーニェ「チーム全員の勝利だ」

直接FKを決め、チームの勝利に貢献したインシーニェ [写真]=Getty Images

 5日に開幕したU-21欧州選手権は、大会初日からイングランド代表とイタリア代表による強豪対決が行われた。

 グループAの首位を争うと目される2チームによる一戦は、両者スコアレスで迎えた79分、大会の注目選手の1人であるナポリ所属のイタリア代表FWロレンツォ・インシーニェが直接FKを決め、ここまで公式戦9試合連続無失点を記録していたイングランド代表を1-0で破った。

 試合を支配しながらも、イングランド代表の持ち前の堅守を崩せない嫌な流れの中、鮮烈FKで値千金の決勝弾を叩き込んだインシーニェは、自分たちに与えられるはずのPKが取られぬ一方で相手のゴールも取り消されるなど、微妙なジャッジもあった一戦をこう振り返った。

「色々あった試合だが、審判は根拠があって判定を下しているのだから、それを受け入れるまでだ。いずれにしても、重要なのは自分たちが勝ち名乗りを上げられたことだ。この勝利は自分だけのものではなく、ベンチに控える選手も含めたチーム全員のものだと思っている。チームメートには改めて感謝の気持ちを送りたい」

 一方、イングランド代表のスチュワート・ピアース監督は、1点差のスコアとは裏腹に完敗だったことを認め、8日のノルウェー代表戦での巻き返しを誓った。

「今日はベストチームが勝利した。我々の内容はとても悪く、相手を倒すのに必要なクオリティがなかった。イタリアの前線はクレバーかつタフで、何度もDFラインの背後を突かれた我々は立ち往生してしまった。多くの選手が、期待していただけのパフォーマンスを見せられなかったが、それは本人たちが一番良く分かっているはずだ。我々はこの敗戦から学び、土曜の試合に臨まなければならない」

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO