FOLLOW US

バルサが再びボージャンの移籍先探しへ…ミランは買い取らず

2012-2013シーズンは、リーグ戦で3ゴールを挙げたボージャン [写真]=Getty Images

 スペインのメディアによると、バルセロナが今年の夏もFWボージャン・クルキッチの移籍先を探さなければならなくなった模様だ。

 昨シーズンはローマ、今シーズンはミランと、ここ2年間はイタリアでプレーしてきたボージャン。しかし、現在のローン移籍先であるミランは、1500万ユーロ(約19億7000万円)に設定されている買取オプションを行使してまで同選手を保有する意思はないため、バルセロナに同オプションの500万ユーロ(約6億6000万円)への減額もしくはローン期間の延長を打診したという。だがバルセロナは、このいずれの申し出にも応じるつもりはないため、同選手の別クラブへの移籍を模索する運びとなったようだ。

 ボージャンに対しては現在、ハンブルガーSVが補強候補として熱視線を送っていると見られており、アトレティコ・マドリードやマラガからの関心も伝えられている。一方、まだ22歳と若いボージャンの成長余力も考慮するバルセロナは、買戻オプション付きの完全移籍を希望しているため、この条件を受け入れてくれるクラブを優先して交渉に臨む意向のようだ。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO