2013.05.24

去就に注目が集まるヨヴェティッチ、代理人はイタリア残留を示唆

ヨヴェティッチ
ビッグクラブへの移籍が噂されているヨヴェティッチ [写真]=Getty Images

 フィオレンティーナに所属するモンテネグロ代表FWステヴァン・ヨヴェティッチの代理人を務めるファーリ・ラマダニ氏が、同選手のセリエA残留を示唆した。『スカイスポーツ』が伝えている。

 ヨヴェティッチに対し、マンチェスター・Cやアーセナルといったビッグクラブが関心を抱いているとされ、プレミアリーグへの移籍が噂されている。しかし、ラマダニ氏は同選手の去就について、「彼は国外への移籍よりも、セリエA残留を好むと思う」とコメント。現段階では、国外移籍の可能性が低いという見解を示した。

 パルチザン・ベオグラードの下部組織出身のヨヴェティッチは、2008年にフィオレンティーナに加入。今シーズンはリーグ戦31試合に出場し、13得点を記録している。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
32pt
リヴァプール
30pt
チェルシー
28pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
27pt
ボルシアMG
23pt
ライプツィヒ
22pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
24pt
セビージャ
23pt
アトレティコ・マドリード
23pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
34pt
ナポリ
28pt
インテル
25pt
欧州順位をもっと見る