2013.05.20

伊紙がインテル長友を酷評「試合の大部分で傍観していた」

長友佑都
試合中に競り合う長友(手前) [写真]=Getty Images

 セリエA最終節が19日に行われ、日本代表DF長友佑都の所属するインテルは、ホームでウディネーゼと対戦。2-5で敗れた。

 イタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』は、出場各選手のプレーを採点。フル出場した長友には、「4.5」と厳しい評価を下した。

 同紙は長友について、寸評でも「守るのか、攻めるのか、これが問題だった。与えられた役割がはっきりとせずに困惑していた。試合の大部分で傍観していた」と酷評。インテルが今シーズン最多の5失点を喫して、自身も失点に関与したこともあり、低評価を受けた。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
89pt
リヴァプール
88pt
トッテナム
70pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
70pt
ドルトムント
69pt
ライプツィヒ
61pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
80pt
アトレティコ・マドリード
71pt
レアル・マドリード
65pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
87pt
ナポリ
67pt
インテル
61pt
欧州順位をもっと見る