2013.05.20

長友がフル出場したインテル、最終戦で今季最多5失点を喫して惨敗

フル出場したインテルの長友(左) [写真]=Getty Images

 セリエA最終節が19日に行われ、日本代表DF長友佑都の所属するインテルとウディネーゼが対戦。長友は中盤の右サイドで先発出場した。

 4試合勝利のないインテルはホーム戦に臨んだが、序盤から失点を重ねた。開始1分にパスミスからジャンピエロ・ピンツィに得点されて先制を許すと、10分には右サイドで与えたFKからマウリツィオ・ドミッツィにヘディングシュートで追加点を奪われた。

 開始早々に2点のビハインドを負ったインテルは、12分にリカルド・アルバレスがミドルシュート。ゴール前にこぼれたところをジュアンが蹴り込み、1点差に詰め寄った。ところが、41分にはアントニオ・ディ・ナターレにペナルティエリア右から巧みなシュートを蹴り込まれ、ウディネーゼに再び2点差をつけられてしまった。

 2点ビハインドで迎えた後半も、51分にCKからカウンターを浴びてルイス・ムリエルにゴール前まで持ち込まれると、最後はガブリエウ・シウヴァのループシュートで4失点目を喫してしまった。56分には、フレディ・グアリンのクロスからトンマーゾ・ロッキがポスト直撃のシュートを放つが、得点とはならなかった。

 インテルは64分に、途中出場していたロドリゴ・パラシオが左サイドに流れてグラウンダーのクロスを入れると、ロッキがダイレクトで合わせて、ゴールネットを揺らした。ところが、直後の67分には長友とGKサミル・ハンダノヴィッチの連携ミスをルイス・ムリエルに突かれ、さらに失点してしまった。

 今シーズン最多で2001年以来となる5失点を喫したインテルは、最終戦で2-5と惨敗。5試合勝ちなしでシーズンを終えた。なお、長友はフル出場している。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
98pt
リヴァプール
97pt
チェルシー
72pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
78pt
ドルトムント
76pt
ライプツィヒ
66pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
87pt
アトレティコ・マドリード
76pt
レアル・マドリード
68pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
90pt
ナポリ
79pt
アタランタ
69pt
欧州順位をもっと見る