2013.05.16

ミランのバロテッリが人種差別コールに激怒「次はピッチから去る」

バロテッリ
ローマサポーターに対してポーズを取るバロテッリ [写真]=Getty Images

 ミランのイタリア代表FWマリオ・バロテッリが、自身に対する人種差別への見解を語った。複数メディアが報じている。

 バロテッリは、12日にホームで行われたセリエA第37節のローマ戦において、ローマサポーターから人種差別コールを浴びた。以前から度重なる人種差別を受けていたバロテッリは、「ピッチで人種差別を受けても、何もしないだろうと常に言ってきた。しかし、今は考えが変わった。次、人種差別コールを受けたら、ピッチから去る」と明言した。

 ローマ戦についても、「(ケヴィン・プリンス)ボアテングと話して、ピッチを去ろうとした。もしかしたら、ミランが3点差で快勝していたかもしれないが、ボアテングに『試合を続け、終了後に話し合う方が良い』と言い、ピッチに残った」と語り、プレーを放棄する寸前だったことを明かした。

 なお、ローマ戦は0-0のスコアレスドローで終了。試合後、ローマに対しては、5万ユーロ(約660万円)の罰金が科せられた。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
16pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
13pt
ブレーメン
11pt
ヘルタ・ベルリン
10pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
13pt
レアル・マドリード
13pt
アトレティコ・マドリード
11pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
15pt
ナポリ
12pt
フィオレンティーナ
10pt
欧州順位をもっと見る