2013.05.09

インテルMFカンビアッソ「逆境の中で堂々と戦った」

カンビアッソ
インテルMFカンビアッソが敗戦を振り返った [写真]=Getty Images

 セリエA第36節が8日に行われ、日本代表DF長友佑都が所属するインテルは、ホームでラツィオと対戦した。インテルは1-3で敗れ、リーグ戦3連敗。来シーズンのヨーロッパリーグ出場権獲得の可能性がなくなった。

 試合後、インテルのアルゼンチン代表MFエステバン・カンビアッソが敗戦を振り返った。クラブの公式HPが伝えている。

「敗戦は悔しいし、ネガティブな結果が続いているのは厳しいこと。とはいえ、今日のインテルは最後まで戦い続けたし、観衆もそれを感じて、最後に拍手で称えてくれた。本当は勝利を称える拍手のほうがうれしいけれど、これだけの逆境の中で堂々と戦ったことも称賛に値すると思うね。結果は手痛いものだけど、状況を変えようと努力して、全力で戦ったんだ」

「ネガティブなことが起きるのは、何かをうまくやれていないことが原因だと思う。不運だけの問題じゃない。(来シーズンはヨーロッパの大会に出場できない?)僕たちにとっては珍しいことだね。出場できないのは、出場にふさわしくないということだ。 僕たちより良い結果を出して、ヨーロッパの舞台に立つことに値するチームがいるということ。インテルとしては、来シーズンのセリエAとコッパ・イタリアで以前のような勢いを取り戻すことが大事だね。今シーズンの残り2試合には、最大限の集中力で臨むべきだ。僕たちはインテルなんだから、気を緩めることは許されない。ピッチに立つ選手たちとクラブの名誉のために、全力を尽くさなければいけない」

欧州リーグ順位表

リヴァプール
88pt
マンチェスター・C
86pt
トッテナム
67pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
70pt
ドルトムント
69pt
ライプツィヒ
61pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
77pt
アトレティコ・マドリード
68pt
レアル・マドリード
64pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
87pt
ナポリ
67pt
インテル
61pt
欧州順位をもっと見る