2013.05.09

ラツィオに敗れたインテル、EL出場の可能性が消滅

インテルはホームでラツィオに敗れた [写真]=Getty Images

 セリエA第36節が8日に行われ、日本代表DF長友佑都が所属するインテルは、ホームでラツィオと対戦した。長友はベンチ入りしなかった。

 リーグ戦2連敗中のインテルは、前半21分に先制点を献上してしまう。ラツィオのクロスボールに対して、GKサミル・ハンダノヴィッチが飛び出すが、触ることができない。ボールは、相手選手と競り合っていたアンドレア・ラノッキアに当たり、無人のゴールへ転がった。

 インテルはオウンゴールで先制を許したが、33分に同点に追い付く。左サイド深くからアルバロ・ペレイラがクロスボールを送ると、中央で待っていたリカルド・アルバレスが頭で合わせ、ゴールネットを揺らした。

 スコアを1-1としたインテルだったが、前半終了間際にPKを献上。ラツィオのエルナネスに決められ、1点ビハインドで前半を終えた。

 後半に入り、同点ゴールを目指すインテルは、70分にPKを獲得。しかし、アルバレスは決めることができず。逆に76分、ラツィオのオグイェニ・オナジに強烈なミドルシュートを突き刺され、3点目を許した。試合は1-3で終了し、インテルはリーグ戦3連敗となった。

 インテルはリーグ戦36試合を消化して、勝ち点53で8位。リーグ戦は残り2試合で、5位のウディネーゼとの勝ち点差が7に開いたことから、来シーズンのヨーロッパリーグ出場権獲得の可能性がなくなった。一方のラツィオは、勝ち点58で7位となっている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
89pt
リヴァプール
88pt
トッテナム
70pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
70pt
ドルトムント
69pt
ライプツィヒ
61pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
80pt
アトレティコ・マドリード
71pt
レアル・マドリード
64pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
87pt
ナポリ
67pt
インテル
61pt
欧州順位をもっと見る