2013.05.08

ローマ指揮官、キエーヴォに敗れ落胆「意欲は素晴らしかったが…」

アンドレアッツォーリ
敗戦を悔やんだローマのアンドレアッツォーリ監督 [写真]=Getty Images

 セリエA第36節、ホームで0-1とキエーヴォに敗れたローマ。3連勝を逃し、ヨーロッパリーグ出場権を争う6位ウディネーゼとの差を広げることができなかった。

 ローマのアウレリオ・アンドレアッツォーリ監督は、試合後の『Sky』のインタビューで「崩しのアイデアがあったが、それをうまく追求できなかった。3バックを採用したのは、攻撃陣を支えるため。前半、オスヴァルドのチャンスが決まっていたら、結果は変わっていたかもしれない。だが、我々はやるべきことをほとんどできなかった。選手たちの勝利への意欲は素晴らしかったが……」と、試合を振り返った。

「オスヴァルドとデストロの共存は難しい? そうかもしれない。新しいやり方だった。デストロが右に開き、相手センターバックを引き付けることが狙いだったが、あまり上手くいかなかった。我々は前半にリードすることもできたはずだ。後半はチャンスがたくさんあった。だが、上手く得点に結びつけることはできなかった」と、自らの采配が機能しなかったことを認めた。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
57pt
マンチェスター・C
53pt
トッテナム
48pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
42pt
バイエルン
39pt
ボルシアMG
33pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
43pt
アトレティコ・マドリード
38pt
セビージャ
33pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
53pt
ナポリ
44pt
インテル
39pt
欧州順位をもっと見る