2013.05.06

ナポリ通算101得点目のカバーニ、マラドーナ抜きに意欲

マラドーナ越えへ意欲を見せたカバーニ [写真]=Getty Images

 セリエA第35節が5日に行われ、ナポリと日本代表DF長友佑都の所属するインテルが対戦。ウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニのハットトリックを記録する活躍でナポリが3-1で勝利し、チャンピオンズリーグ出場権を得る3位以内を確定させた。

 2010-11シーズンにパレルモからナポリへ加入したカバーニは、試合で挙げた3得点により、ナポリでの公式戦通算ゴール数を3年間で101点とし、クラブのレジェンドである元アルゼンチン代表MFディエゴ・マラドーナ氏の持つ115得点にあと14点と迫った。試合後、イタリアメディア『スカイ』のインタビューに応えたカバーニは、「ベストを尽くしている。もっとゴールを決めたいし、僕の全てをナポリに捧げたいんだ。ハットトリックを達成してとても幸せだよ。記録に近づいていることは素晴らしいね」とコメントし、ナポリで得点数をさらに伸ばすことに意欲を見せている。

 違約金が6300万ユーロ(現在のレートで約82億円)に設定されていると見られるカバーニは、今夏の移籍が噂され、パリSGやマンチェスター・C、レアル・マドリードといったクラブが興味を示していると報じられている。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
16pt
マンチェスター・U
16pt
チェルシー
13pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
16pt
ホッフェンハイム
14pt
バイエルン
13pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
18pt
アトレティコ・マドリード
14pt
セビージャ
13pt
欧州順位をもっと見る
ナポリ
18pt
ユヴェントス
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る