2013.04.26

ミラン指揮官就任を否定するスパレッティ「イタリア復帰は不可能」

スパレッティ
イタリアへの復帰が度々噂されるスパレッティ監督 [写真]=Getty Images

 ゼニト・サンクトペテルブルクを率いるルチアーノ・スパレッティ監督が、イタリアメディア『スカイ』のインタビューに応え、来シーズンからミランの新指揮官に就任する噂を否定した。

 ミランは現在、チャンピオンズリーグ出場圏内の3位に位置しているが、4位のフィオレンティーナとは勝ち点1差。そのため、チャンピオンズリーグ出場権を逃した場合、マッシミリアーノ・アッレグリ監督解任の可能性とスパレッティ監督のミラン新指揮官就任を報じられた。

 スパレッティ監督は、「イタリアへの復帰は不可能だ。私はゼニトにいる。もちろんクラブが私を外そうというなら話は別だが。来シーズンもアッレグリはミランに残るし、アウレリオ・アンドレアッツォーリ(現ローマ監督)も残るだろう。彼らは監督として適切な存在だと思う」とコメントし、イタリアへの帰還を否定した。

 スパレッティ監督は、ウディネーゼやローマなどを率い、2010年からゼニトの指揮官を務めている。ミランの監督就任は以前から度々、噂されている。

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
16pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
12pt
ヘルタ・ベルリン
10pt
ドルトムント
8pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
13pt
レアル・マドリード
13pt
アラベス
10pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
15pt
ナポリ
12pt
フィオレンティーナ
10pt
欧州順位をもっと見る