2013.04.22

インテルのサネッティが通算1100試合出場を達成、出場数は世界4位

1995年にインテル加入した主将のサネッティ [写真]=原田亮太

 インテルに所属するアルゼンチン代表DFハビエル・サネッティが、21日に行われたセリエA第33節のパルマ戦をプレーし、通算1100試合出場を達成した。クラブ公式HPが紹介している。

 サネッティの記録は世界サッカー史上で最も出場数が多い選手ランキングの4位で、1位はピーター・シルトン(1390試合出場)、2位がロベルト・カルロス(1127試合出場)、3位はレイ・クレメンス(1118試合出場)となっている。

 また、トップ10選手のうち、5人はGKで、さらにそのうちの4人はイングランドの選手だ。そして、トップ10のなかでサネッティは唯一の現役選手となっている。

欧州リーグ順位表

チェルシー
15pt
リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
13pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
9pt
ドルトムント
7pt
ヴォルフスブルク
7pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
12pt
レアル・マドリード
10pt
セルタ
7pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
SPAL
9pt
ナポリ
9pt
欧州順位をもっと見る