2013.04.22

インテルのロッキ「勝って良かった。ゴールは息子に捧げたい」

 セリエA第33節が21日に行われ、日本代表DF長友佑都の所属するインテルとパルマが対戦し、1-0で勝利した。ホームのインテルは主力選手が負傷で多く欠場するなか、82分にFWトンマーゾ・ロッキの得点で先制。その1ゴールを守りきった。試合後、勝利の立役者となったロッキは「調子は上がっている」とコメント。クラブ公式HPが紹介している。

「チームが勝って良かった。今日の得点の喜びはスタッフ、ファン、チームメート、会長、みんなと分かち合いたいね。チームはここ最近、好調とは言えなかったので、今日勝ったことはとても大事なことだ」

「個人的には、調子は上がる一方だよ。少しの疲れはあるけど、それはみんな同じだからね。最後まで、もっと活躍していきたいと思う。入団してそれほど経ってないが、僕はチームにすぐに馴染むようにして、役に立てる準備をしてきた。毎日の練習を重ねていくうちに、ピッチでの動きやメカニズムがスムーズになってきたというのもあるよ」

「今日のゴールは僕の彼女と息子に捧げたい。今日、スタジアムに見に来てくれていたんだ」

欧州リーグ順位表

チェルシー
15pt
リヴァプール
15pt
マンチェスター・C
13pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
9pt
ドルトムント
7pt
ヴォルフスブルク
7pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
12pt
レアル・マドリード
10pt
セルタ
7pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
12pt
SPAL
9pt
ナポリ
9pt
欧州順位をもっと見る