FOLLOW US

首位ユーヴェが次節に連覇の可能性…敗れたミランは15戦ぶり黒星

決勝点となるPKを沈めたビダル [写真]=Getty Images

 セリエA第33節が21日に行われ、首位のユヴェントスと3位のミランが対戦した。

 ホームで戦うユヴェントスは、前半を無得点で折り返したが、57分に均衡を破った。アンドレア・ピルロのパスから抜け出したクワドウォ・アサモアが、ミランのGKマルコ・アメーリアにペナルティエリア内で倒されて、PKを獲得。キッカーのアルトゥーロ・ビダルが豪快にシュートを沈め、先制点を奪った。

 ホームで先行したユヴェントスは、ミランの反撃に遭うが、GKジャンルイジ・ブッフォンを中心に無失点で凌ぎ切り、完封に成功。1-0と勝利を収め、リーグ戦6連勝となった。

 勝ち点を77まで伸ばしたユヴェントスは、2位のナポリとの勝ち点差を11に広げた。次節にユヴェントスが勝利してナポリが引き分け以下に終わるか、ユヴェントスが引き分けてナポリが敗れた場合でも、ナポリとの直接対決の成績で上回るため、ユヴェントスの連覇が決まる。

 一方、敗れたミランは、リーグ戦15試合ぶりの敗戦。勝ち点59のままで3位は維持したが、4位のフィオレンティーナに勝ち点1差に迫られた。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA