2013.03.15

インテル会長、来季からのモウリーニョ監督招へいを全面否定

モラッティ
モウリーニョ監督の来季からの復帰を否定したモラッティ会長 [写真]=Getty Images

 日本代表DF長友佑都の所属するインテルのマッシモ・モラッティ会長は、14日に行われたヨーロッパリーグ決勝トーナメント1回戦セカンドレグのトッテナム戦を前に、報道陣の取材に応え、レアル・マドリードのジョゼ・モウリーニョ監督の来シーズンからの監督就任の噂を否定した。クラブ公式HPが伝えている。

 インテルはリーグ戦での成績の伸び悩みなどから、アンドレア・ストラマッチョーニ監督を解任し、来シーズンからモウリーニョ監督を4シーズンぶりに復帰させるのではないかと噂されたが、モラッティ会長は、「誰ともコンタクトを取ったことはない。私から誰かに電話したこともないし、電話がかかってきたこともない。そんなことをするつもりはないね。モウリーニョの復帰は不可能だよ」と、全面否定した。

 また、モラッティ会長は、トッテナムとの試合が延長までもつれた末、2戦合計4-4ながらアウェーゴール差でヨーロッパリーグ敗退となった試合後に、「選手は誇りを見せてくれたし、マスコミが不可能だと思っていたことをやってくれた。みんなが、このチームをとても誇らしく思っている」と話し、チームに賛辞を贈っている。

[写真]=Getty Images

欧州リーグ順位表

リヴァプール
18pt
マンチェスター・C
16pt
チェルシー
16pt
欧州順位をもっと見る
バイエルン
12pt
ヘルタ・ベルリン
10pt
ドルトムント
8pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
13pt
レアル・マドリード
13pt
アラベス
10pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
15pt
ナポリ
12pt
フィオレンティーナ
10pt
欧州順位をもっと見る