2013.03.11

ボローニャに敗れたインテル、クラブ創設105周年を勝利で飾れず

ストラマッチョーニ
シーズン終盤戦に向けて意気込みを語ったストラマッチョーニ監督 [写真]=Getty Images

 10日に行われたセリエA第28節で、日本代表DF長友佑都の所属するインテルとボローニャが対戦。9日にクラブ創設105周年を迎え、メモリアルマッチを勝利で飾りたいインテルだったが、0-1で敗戦を喫している。長友は、負傷の影響でベンチ外だった。

 インテルのアンドレア・ストラマッチョーニ監督は試合後、「残念な気持ちでいっぱい」と敗戦を悔やんだが、「まだ10試合残っている。勝ち点30ポイントを積み上げる可能性があるんだ。落ち込んでいる暇はないよ」とコメントし、シーズン終盤戦に向けて意気込みを語った。

 インテルは、リーグ戦28試合を消化し、勝ち点47で5位に位置している。

[写真]=Getty Images

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
20pt
チェルシー
20pt
リヴァプール
20pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
17pt
ライプツィヒ
14pt
ボルシアMG
14pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
16pt
バルセロナ
15pt
アトレティコ・マドリード
15pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
24pt
ナポリ
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る