2013.03.04

インテル指揮官、カッサーノとの衝突について「個人的な問題」

ストラマッチョーニ
カッサーノについて言及したストラマッチョーニ監督 [写真]=Getty Images

 3日に行われたセリエA第27節で、カターニアと日本代表DF長友佑都の所属するインテルが対戦した。前半に2点のリードを許したインテルだったが、後半に3得点を奪い、敵地で逆転勝利を収めている。試合後、インテルを率いるアンドレア・ストラマッチョーニ監督は、逆転勝利に満足感を示すとともに、同試合で招集外となったFWアントニオ・カッサーノについてコメントした。クラブ公式HPが伝えている。

 ストラマッチョーニ監督は、試合について、「良い形で試合に入ることができなかった。自分たちのミスで失点を許してしまったんだからね。でも、我々はそこから素晴らしいリアクションを見せた。しっかりとしたチームでなければ、逆転劇を演じることは不可能だったと思う」とコメントし、チームのパフォーマンスに満足感を示している。

 また、ストラマッチョーニ監督は、1日の練習後に衝突したとされ、同試合で招集外となったカッサーノについて、以下のようにコメントした。

「アントニオとは議論をしただけだ。これはロッカールーム内の出来事であって、我々だけの問題だよ。彼にがっかりさせられたかって?仮にそうだとしても、それは本人に言うことであって、テレビカメラの前で言うつもりはない」

「彼は明日の練習に参加する。(ヨーロッパリーグ決勝トーナメント2回戦ファーストレグの)トッテナム戦に向けて、準備をしなければならないからね。今シーズンが終わるまで、アントニオを含めたチーム全員の力が必要なんだ」

[写真]=Getty Images

欧州リーグ順位表

リヴァプール
45pt
マンチェスター・C
44pt
トッテナム
39pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
39pt
ボルシアMG
30pt
バイエルン
30pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
34pt
セビージャ
31pt
アトレティコ・マドリード
31pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
46pt
ナポリ
38pt
インテル
32pt
欧州順位をもっと見る