FOLLOW US

2点差からの大逆転勝利に主将のサネッティ「インテルらしい試合」

敵地での逆転勝利を喜ぶサネッティ [写真]=Getty Images

 セリエA第27節が3日に行われ、日本代表DF長友佑都の所属するインテルはアウェーでカターニアと対戦。前半に2ゴールを許しながら、リカルド・アルバレスの得点とロドリゴ・パラシオの2ゴールで3-2と逆転勝利を収めた。

 インテルのキャプテンであるアルゼンチン代表DFハビエル・サネッティは、試合後に勝利を以下のように振り返った。クラブの公式HPが伝えている。

 サネッティは、「なんと言っても、インテルらしい試合だったね」とコメント。「前半に2ゴールもプレゼントしてしまい、相当困難な状態になっていたよ」と苦戦を語る一方で、チームの反発力にも胸を張った。

「しかし、力をすべて発揮するようになって、反撃できたよ。僕らの気迫の勝利になるね。総括はシーズン最後にすることにしよう。今日の勝利を原動力に、前に進んでいくようにしたい」

 インテルは、3試合ぶりの白星で勝ち点47。ラツィオと並んで4位タイに位置している。

[写真]=Getty Images

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA