FOLLOW US

ポグバがマンU時代の裏話を明かす「『お前の時代が来る』と言われた」

 ユヴェントスに所属するU―20フランス代表のポール・ポグバが、昨夏まで所属していたマンチェスター・U時代の裏話を明かした。『ワールドサッカーキング』最新号(0307号/発売中)のインタビューで語っている。

 ポグバはユナイテッドを「世界で最高のクラブの一つ」と称した上で、「ただ、そこには僕の将来にないと思った」と、移籍を決断した理由に言及。しかし、アレックス・ファーガソン監督からは高い評価を受けていたようで、「ファーガソンからは何度となく『いつかお前の時代が来る』って言われたよ」と、当時の会話を明かしている。

 ユナイテッドにおけるプレミアリーグでの出場機会は3試合にとどまったポグバだったが、ユヴェントス移籍後にブレイク。ファーガソンの評価に違わぬ活躍を見せている。

 なお、『ワールドサッカーキング』最新号の特集は、「新・最強世代を探せ!」と題し、1990年代生まれの若手プレーヤーにスポットを当てている。ポグバは93年生まれ。これからのユヴェントス、そしてフランス代表を背負っていく将来ある選手の一人だとして、高い評価を受けている。

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

SOCCERKING VIDEO