FOLLOW US

ミランに追加点を許さなかったインテルGK「セーブはどれも難しい」

 セリエA第26節が24日に行われ、日本代表DF長友佑都の所属するインテルはミランと対戦し、1−1で引き分けた。スーパーセーブを連発してインテルのゴールを守った、スロベニア代表GKサミル・ハンダノヴィッチは試合後、最も満足しているセーブはどれだったかと聞かれ、「(マリオ)バロテッリの足元に飛び込んだセーブだ」と話した。クラブ公式HPが紹介している。

「簡単なセーブと難しいセーブがあるわけではないので、どれも難しいんだ。後半に入って我々は試合の流れを修正できたが、前半のアプローチも決して間違っていなかったと思う。わずかに恐怖心があったのかもしれない」

「(最も満足しているセーブは)バロテッリの足元に飛び込んだセーブだ。賞賛を受け、優しい言葉を向けられるのは嬉しいよ。しかし、誰よりも特別に優れたGKが存在するのではなく、5、6人のハイレベルのキーパーがいて、大体似たり寄ったりなんだよ」

SHARE

LATEST ARTICLE最新記事

RANKING今、読まれている記事

  • Daily

  • Weekly

  • Monthly

LIVE DATA