2013.02.18

伊紙、インテル長友に最低評価「これほど苦戦したことはなかった」

長友佑都
伊紙に厳しい評価を受けた長友 [写真]=Getty Images

 セリエA第25節が17日に行われ、フィオレンティーナと日本代表DF長友佑都の所属するインテルが対戦し、4-1でフィオレンティーナが勝利した。

 イタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』が、試合の採点を発表し、先発フル出場した長友に対し、チーム最低タイとなる「4」の厳しい採点をつけた。(10点満点)

 同紙は長友のプレーに対し、「これほどまで苦戦を強いられたことはかつてなかった。常に攻め込まれたファン・クアドラードに恐怖を味わい、非常に驚かされた。3点目のクリアを誤った」と寸評している。

 なお、最低点の「4」は長友のほか、ブラジル代表DFフアン・ジェズスとコロンビア代表MFフレディ・グアリンに与えられ、スロヴェニア代表GKサミール・ハンダノヴィッチにインテル唯一の及第点となる「6」がつけられた。マン・オブ・ザ・マッチには、採点「8」で2得点を挙げたフィオレンティーナのモンテネグロ代表FWステヴァン・ヨヴェティッチが選ばれている。

[写真]=Getty Images

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
20pt
チェルシー
20pt
リヴァプール
20pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
17pt
ライプツィヒ
14pt
ボルシアMG
14pt
欧州順位をもっと見る
セビージャ
16pt
バルセロナ
15pt
アトレティコ・マドリード
15pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
24pt
ナポリ
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る