2013.02.15

伊紙が長友に及第点の評価「次第に良くなり、相手に打ち勝った」

長友佑都
右サイドバックとしてフル出場した長友 [写真]=Getty Images

 ヨーロッパリーグ決勝トーナメント1回戦のファーストレグが14日に行われ、日本代表DF長友佑都の所属するインテルとCFRクルージュが対戦。インテルが2-0でクルージュを下した。

 イタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』では、出場各選手のプレーを採点。右サイドバックとしてフル出場を果たした長友には、「6」と評価し、及第点を与えた。

 同紙では、長友のプレーについて、「走るタイミングが悪く、動きが無駄になったり、どっしりと構えられず、ボールよりも早く前に出てしまった。それでも次第に良くなり、相手に打ち勝った。及第点の出来」と寸評している。

 なお、インテルの最高点は、2得点を挙げたアルゼンチン代表FWロドリゴ・パラシオの「7.5」となっている。

[写真]=Getty Images

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
23pt
リヴァプール
23pt
チェルシー
21pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
20pt
ボルシアMG
17pt
ブレーメン
17pt
欧州順位をもっと見る
バルセロナ
18pt
エスパニョール
17pt
アラベス
17pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
25pt
ナポリ
21pt
インテル
19pt
欧州順位をもっと見る