2013.02.15

インテル指揮官「ミリートのけがは残念で、全員落ち込んでいる」

 ヨーロッパリーグ決勝トーナメント1回戦のファーストレグが14日に行われ、日本代表DF長友佑都の所属するインテルとCFRクルージュが対戦し、2-0でインテルが勝利した。

 しかしインテルは前半7分に、アルゼンチン代表FWディエゴ・ミリートが負傷退場するアクシデントに見舞われた。クラブ公式HPはひざのじん帯を損傷したことを明らかにし、監督や選手もコメントを寄せている。

 インテルのアンドレア・ストラマッチョーニ監督は「ミリートのけがは本当に残念だ。全員落ち込んでいる。これまでの故障とは関係ない、彼にとって新しいタイプのけがなんだ。手術についてはこれから検討する予定だ」と話した。

 また、スロベニア代表GKサミル・ハンダノヴィッチは「ミリートはギブアップしてはいけない。長い戦線離脱になるだろうけど、絶対に諦めてはダメだ。我々はみんなで彼のことを支え続ける」と、試合後にコメントした。

欧州リーグ順位表

マンチェスター・C
20pt
チェルシー
20pt
リヴァプール
20pt
欧州順位をもっと見る
ドルトムント
17pt
ライプツィヒ
14pt
ボルシアMG
14pt
欧州順位をもっと見る
アラベス
17pt
セビージャ
16pt
バルセロナ
15pt
欧州順位をもっと見る
ユヴェントス
24pt
ナポリ
18pt
インテル
16pt
欧州順位をもっと見る